2013/07/01

いい風あります。

さすがにこの時期ともなると陽が出てる日中はかなり暑くなりますね。

小江戸横丁に入ってくるお客様の中にも汗の雫をたらしながら入ってくる方が多く見られます。

ここ川越一番街は景観保護のため建物に高さの規制があります。
そのおかげで乱雑な開発から美しい景観を守り、情緒ある街並みに今に伝えることができています。

しかし高い建物もなく、また街路樹などもない一番街は日陰が乏しいのが観光地としては難点。
時間帯によってはみな何とか日陰を通ろうと、片方の歩道に通行人が偏ってしまう始末。
残念ながらノリスケさん家のある小江戸横丁と反対側に日陰ができ、こちら側には人が寄りづらくなってちょっとガッカリ。

しかし意外とポイントが高いのが、この小江戸横丁にはとてもいい風が入るんです!
ここは横丁とはいえ屋根で覆われて日陰になっており、ウナギの寝床のような横丁を、さぁーっと風が吹き抜けます。
実際午後にもなればノリスケさんもお店の外に出て涼んだりしてますよ。

横丁の奥には無料の休憩所があるので、そこでマッタリとしている団体も珍しくありません。

皆様も一番街においでの際は小江戸横丁でくつろがれて下さい!

ノリスケさんは「風の谷のノリスケ」になるべく特訓中です⁈

iPhoneから送信

0 件のコメント:

コメントを投稿