2013/06/05

タイ人はチャレンジャー

昨日ノリスケさん家に納品に来た営業の方が「タイ人の観光客がすごく増えたってニュースで言ってたよ」と。

そうそう川越にもとてもタイの観光客が多いんです。
何故タイなのかと首を傾げたくなるぐらいたくさん来てますよ。

外国の観光の方は日本語が読めず、何かを考えてます。
バウムクーヘンというお菓子も馴染みがなさそう。
そんな時ノリスケさんは一応英語でフレーバーの紹介や賞味期限などを話します。
さらにどこから来たのか尋ねると、タイランドという返事が多いんです。
さらにさらに写真を撮るとき「ヌン、ソン、サン…(カシャ)」とタイ語のご発声もよく聞かれたりします。

東南アジアの国でタイが成長してるなんて話し聞かないし(まぁ、ウチもニュースや新聞はそんなに見てないですけどね)、まして数年前に珍しく政情不安で空港閉鎖とかあったのでは?

何はともあれ日本に来てくれるのは嬉しいし、いいとこをたくさん知っていってもらいたいものです(^ ^)

さてタイの方は意外とチャレンジャーだなと感じます。
タイではバウムクーヘンが物珍しいのでしょうか、結構異質なモノを見る目で見て行きますよ^_^;

ところがタイの人は割と購入されるんです!
初めて見るようなバウムクーヘンでも、恐る恐るではありながら買っていかれるのを見るにつけ、あぁタイの人って結構チャレンジャーだな、と思ったりします(笑)

ただこの感想は、別の外国の観光客との比較がかなり影響しているかも。
その外国とはいま一番外国人観光客の中で多いであろう中国です。

中国の人は秋葉原などでの爆買のイメージが強いですが、一方で無駄金はビタ一文 使う気なし!というオーラを感じてしまいます^_^;

そんな中国の影響のせいか、タイの人はチャレンジャーというイメージがノリスケさんの中で出来上がっているんです。



iPhoneから送信

0 件のコメント:

コメントを投稿